MENU

CLOSECLOSE

JP EN

Brisbane

【35】The Calile Hotel

SHARE THIS ARTICLE

私のお気に入りの一つであるブリスベンのホテル。
感度が高い人なら、エントランスからその圧倒的な雰囲気のよさに魅了されることでしょう。

コンセプトは「都会の中で過ごせるリゾート」。

1階ロビーのデザインはウォームモダンでとても素晴しく、エレベーターのファサードや外光を上手く利用した廊下など、こだわりが行き届いています。

ロビーや客室のドアノブ、バスなど施設内のあらゆる場所にアーチ状のデザインを取り入れて、ウォームモダンな雰囲気を醸し出しているのも特徴のひとつ。

各フロアの廊下には壁が無く、外気を取り入れてファンを設置しているからか、ブリスベンという大都会にいながらも本当のリゾート地に来たような感覚を味わえる瞬間があります。
ちなみにプールは程良く広くて、選曲も抜群。

スタッフはみんなオーストラリアのブランド「Bassike」が手掛けたユニフォームを上手に着こなしていました。白、淡いピンク、クリーム色を組み合わせたユニフォームは上品さを演出しています。ドアマンやカフェスタッフも白のバッシュを履きながらも、ラグジュアリーな雰囲気を維持しています。

客室のデザインにも脱帽。

フロアプランが素敵で、バスを含めて水回りの配置や機能が優れています。
モダンパステルの色使いやマテリアルの質感含め、100点満点と言っても過言ではありません。アメニティやリネン類にも抜け目なしです。

宿泊される際には、是非バルコニー付きのプールビューのお部屋を選んでください。私が泊まったスイートルームには、ルーフトップへとつながる外階段と、ブリスベンの街を一望できて優雅な時間を過ごせるチルスペースがありました。

このホテルがあるのは、お洒落な人々が集うフォーティテュード・ ヴァレーというエリア。周りには地元ブランドのブティックやレストランが並び、ホテルの目の前にあるタイレストラン「sAme sAme」では最高の味と素晴らしい雰囲気を堪能できました。

このホテルがある商業施設全体を地元の建築事務所、Richards & Spenceが一手に引き受けていることもあり、ランドスケープデザインに照明設計、ホテルのフロアゾーニングに至るまですべてが完璧でした。

最高のステイで私のお気に入りホテルとなったこのThe Calile Hotel。
唯一残念なのは、ブリスベンに行く機会があまりないことです。

HOTEL INFORMATION The Calile Hotel -ADDRESS 48 James Street, Fortitude Valley, QLD Australia 4006 -WEB https://thecalilehotel.com/

SHARE THIS ARTICLE

RELATED ARTICLES

VIEW MORE HOTELS

LOADING