MENU

CLOSECLOSE

JP EN

Paris

【09】Hotel Costes

SHARE THIS ARTICLE

 

初めて行ったのが1999年。私もまだ20代、背伸びをしたい真っ盛りでした。

ホテルが音楽をプロデュースしてCD発売するキッカケが生まれなのはここからだと思います。
日本でもよくその事が紹介されていましたし、私も流行を先取りしたくて車や家でホテルのラウンジミュージックを聴いていました。

ファッション業界の先輩達に「パリに行くなら泊まってみたら?」とリコメンドしてもらい会社の仲間と一緒に行ったのです。

初めて訪れた時は、大緊張して、空回りして、恥ずかしい思いをしたことを覚えています。
まだその頃は海外にも高級ホテルにも不慣れな時期でした。エントランス付近で戯れるゲストが全員セレブに見えて、どの人がスタッフなのかも解らず、、、最初に話しかけた人はレストランのレセプショニストでした。

とっても綺麗な方で、なんか猛烈な照れと言語の壁があり、全く会話が噛み合いませんでした。
レストランの予約について聞かれたのか、フロントへ案内されたのかその時は全く理解できていませんでした。
恥ずかしい、ほろ苦体験をしたのがこのホテルです。

その後もパリに行く度に訪問しているのですが、やっと40歳手前で少し余裕を持って過ごす事ができました。一度苦い経験をしたので、トラウマというのでしょうか、苦手意識があった様な気がします(笑)。

赤が基調となっていて、薔薇のイメージも強くあります。
ホテルの部屋はそこまで大きくないのでリラックスできるホテルではないかもしれませんが、あらゆる人に『好みかも』と思わせる強さ、というか、インパクトがある内装です。

やはり、ここのホテルの特徴は中庭のレストランとそこに溜まるゲスト達が創り出す優雅な空気感です。
パリ独特の、隣との席の近さやキャンドルなどの薄明るい照明と、ベルベッド生地の内装、家具、備品等が重厚感と鮮やかさを上手にマッチさせている感じがします。

何年経っても、色気があってお洒落な雰囲気を継続させられる事はhotelierとして憧れです。

HOTEL INFORMATION Hotel Costes -ADDRESS 239-241 RUE SAINT-HONORÉ – 75001 PARIS
France -WEB https://hotelcostes.com/

SHARE THIS ARTICLE

RELATED ARTICLES

VIEW MORE HOTELS

LOADING